<コロナ緊急事態>知事が発表 休業要請、事業者に20万円支給 無症状軽症者に前橋のホテルを提供

2020年4月24日 02時00分
 山本一太知事は23日の定例記者会見で、緊急事態宣言で休業要請に応じている事業者に対し、県が「感染症対策事業継続支援金」として1事業者当たり20万円を支給すると発表した。
 対象は休業要請中の4月25日~5月6日、店や施設の休業、営業時間を短縮した中小企業と個人事業者。5月上旬、郵送やオンラインで申し込む。5月中に支払われる見込み。
 また、山本知事は無症状や軽症の感染者を受け入れる宿泊施設に、前橋市千代田町のビジネスホテル「グレースイン前橋」を選んだと公表。県が受け入れ可能な宿泊施設を求め、公募していた。
 このホテルでは150ある全室を利用。医師や看護師の確保を進め、県職員が24時間態勢で対応する。県は5月中旬には計1000室を確保できるように選定を進める。(池田知之)

関連キーワード


おすすめ情報