無期限ストライキ中の保育士「待遇改善を」 保育所への指導を求め横浜市に署名提出 

2020年8月18日 05時50分
保育園の前で横断幕を掲げて職場環境改善を訴える介護・保育ユニオンの組合員ら=6月2日、横浜市鶴見区で

保育園の前で横断幕を掲げて職場環境改善を訴える介護・保育ユニオンの組合員ら=6月2日、横浜市鶴見区で

  • 保育園の前で横断幕を掲げて職場環境改善を訴える介護・保育ユニオンの組合員ら=6月2日、横浜市鶴見区で
 勤務する保育所で新型コロナウイルス感染防止策など職場環境の改善を求めたところ異動を命じられるなどしたとして、横浜市鶴見区の認可保育所「鶴見ハート保育園」の保育士2人が6月からストライキを続けている問題で、2人と、支援する労働組合は17日、同保育所の実態調査や指導を市に要望した。
 市役所で記者会見した30代の保育士は「保育士の待遇を改善することが、子どもの安全で健やかな成長につながる」と訴えた。20代の保育士は「保育園は保育士がいないと成り立たない。保育士を大切にする社会に変わってほしい」と訴えた。ネットで集めた署名約2100人分を市に提出したという。
 
 2人は6月1日から、環境改善と異動の取り消しを求めて無期限のストライキに入った。同月23日に保育所側と団体交渉をしたが、運営会社は要求を拒否したという。支援する「介護・保育ユニオン」は7月、県労働委員会に救済を申し立てたとしている。(丸山耀平)

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧