実質GDP500兆円割れ 4~6月期、年率で27.8%減 第2次安倍政権発足時を下回る水準

2020年8月17日 22時10分
 
 内閣府が17日発表した2020年4~6月期国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価変動を除いた実質で前期(1~3月)比7・8%減、この状態が1年続くと仮定した年率換算は27・8%減だった。年率換算のGDPの実額は485兆円で、第2次安倍政権が発足した12年10~12月期(498兆円)を下回る水準まで戻り、政権発足から7年半続いた500兆円の大台を初めて割り込んだ。
 戦後最悪のマイナス成長となり、新型コロナウイルスによる記録的な景気失速が数字で裏付けられた形。政府の緊急事態宣言による外出自粛で個人消費が落ち込み、各国の都市封鎖で輸出も急減。内需、外需とも総崩れになった。
 マイナス幅はリーマン・ショック直後の09年1~3月期の年率17・8%減を上回り、統計上比較可能な1980年以降最低。記録の残る55年までさかのぼっても「これだけの落ち込みはない」(内閣府)。
 マイナス成長は3・四半期連続だ。内需の柱の個人消費は8・2%減で過去最低を更新した。輸出は渡航制限で訪日客の消費がほぼゼロになった影響から18・5%減と大幅に減らした。(森本智之)

関連キーワード


おすすめ情報