みどりで「ボッチャの楽校」開校

2020年8月18日 07時46分
 みどり市は来年開催予定の東京パラリンピックの正式種目「ボッチャ」への関心を高めてもらおうと「大人のボッチャ楽校」を開校した=写真。同市では香港チームが10月に事前合宿を行う予定。
 対象者は18歳以上で市外在住者も可。無料。開催場所は多世代交流館と笠懸公民館の2カ所。10月まで計12回行う。ジャックボールと呼ばれる目標に自分のボールをどれだけ近づけられるかがポイント。赤と青が交互に投げ、相手を押し出してもよい。
 3回目は笠懸公民館に集まった23人に、県ボッチャ協会の岩下浩明理事長が丁寧に手ほどきをした。桐生市広沢町の老人クラブ「サンフレンズ」会長の川端謙さん(78)は「体力もいらないし、誰でもできそう。しっかり覚えてみんなに広めたい」と話した。参加の申し込みはみどり市社会教育課=電0277(76)9846=へ。 (粕川康弘)

関連キーワード

PR情報

群馬の新着

記事一覧