<新型コロナ>県、「テレワーク」支援動画を作成 ユーチューブで4本を公開

2020年4月15日 02時00分

テレワークの導入について説明する動画の一場面

 県は新型コロナウイルス感染症が拡大する中、県内の中小企業や小規模事業者向けに予防のために出社せず自宅などで仕事する「テレワーク」の導入を解説する動画を作成し、動画投稿サイト「ユーチューブ」上で公開している。
 動画は全4本で、いずれも約5分。既存の機器を使って費用負担が少ない方法に重点を置き、忙しい合間でも動画を閲覧できるように端的にまとめた。テレワークに詳しい社会保険労務士が協力し、動画内で解説している。
 動画では、事業所のパソコン、スマートフォン、タブレットを使うインターネットを介したウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」の使い方や、パソコンの遠隔操作を紹介。テレワーク用通信機器の導入や、社会保険労務士ら外部専門家によるコンサルティング費用を補助する国の「時間外労働等改善助成金」についても説明している。
 県労働力確保対策室の広田暢実(のぶみ)室長は「テレワークの導入は難しいと捉えられがちだが、簡単なことから始められる」と強調。「会社内の密集などを防ぐ感染拡大防止策として導入してもらい、コロナウイルスが終息した後も継続して利用してもらえれば」と話している。
 動画は県のホームページからもアクセスできる。(市川勘太郎)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧