城北Aが都切符!第一代表ゲット 都少年秋季板橋区予選

2020年8月7日 01時00分
 東京都少年秋季軟式野球大会リポビタントーナメントへの出場権を懸けた支部予選「板橋区春季大会」は2日、同区の荒川戸田橋緑地野球場で決勝が行われ、城北Aが板橋ベースボールクラブA(以下板橋BC)を退け頂点に立った。
(都丸満)


 ▽決勝
板橋ベースボールクラブA
     0000000|0
     000110x|2
城北A
(板)大野渓太、阿部由幸−福岡憲伸
(城)神谷朋仲−櫻井継
 ▽最優秀選手賞 神谷(城)
 ▽敢闘賞 榎本祐聖(板)

神谷完封MVP


[photo] 優勝した城北A


 前日に梅雨明けが発表され、夏空が広がり、気温も上昇したグラウンドで、すでに都大会出場が決まっている城北と板橋BCが熱い戦いを繰り広げた。
 3回まで、ともにチャンスを作るもホームが遠く、均衡を破ったのは4回裏の城北の攻撃。先頭の櫻井継が中前打、四球後の後藤堅の適時打で先制した。

[photo] 5回裏、好判断で2点目のホームに滑り込む城北Aの林凌生(右)=東京都板橋区の荒川戸田橋緑地野球場で

 5回裏にも、1死一、三塁の場面で4番・櫻井継が打席に。ここで出したサインは…「エンドラン」(坂内浩之監督)。三走・林凌生はスタートを切っていたが、悪送球でバットを振らずに打席を外してしまった櫻井継。本来なら林は三塁に戻るか、挟まれてアウトになるか。だが、捕手のポロリを見逃さなかった林は、好判断でそのまま一気に滑り込み、貴重な2点目をもぎ取った。

[photo] 完封勝利し優秀選手賞を受賞した城北Aの神谷朋仲主将


 投げては、神谷朋仲主将が先発、投球制限内の91球で完投。3安打3四死球と出塁を許すも、要所を抑えホームを守り切った。
 「しっかり自主練していたので、自粛明けはスムーズに、連携とか細かい所を確認するだけだった」と坂内監督。「その努力の部分と、点が取れなくても我慢しながら、ピッチャーも粘り強く投げたのが」と振り返る。都大会では、「コロナで野球のできる楽しさを非常に感じていると思う。貴重な機会にしてあげたい」と指揮官。神谷主将は「ベスト8ぐらい。まずは勝てれば」と控えめな目標を掲げた。
◆優勝メンバー◆
(10)神谷朋仲(1)下郡結太(2)櫻井継(3)小島和也(4)岩谷佳和(5)林凌生(6)岡本夏幹(7)後藤堅(8)安藤流輝(9)櫻井陽(11)龍造寺智仁(12)岡本宏樹(13)加藤貴生(14)大津光太郎(15)小林蒼梧(16)鈴木陽喜(17)田中宏和

投打かみ合わず 板橋ベースボールクラブA  


 完封負けを喫した板橋BC。自粛が明け「早い段階から基礎トレーニングを始めていたので、体力的には大丈夫だった」と井上勇之介監督。しかし練習試合の数が少なく「変化球の対応とか、試合感は完全には戻っていない」と語る。
 3安打3四死球で出塁。7イニング中4イニングで三塁まで進めるも後続が続かず6残塁で、ホームを奪えなかった。
 それでも、都大会に向け、「投手陣はそこそこいるので、試合は作れると思う。1点を確実に取りに行く試合をしたいですね」と指揮官。黒崎楓主将は「自粛明けで決勝までこられたのは良かった。まずは準決勝までは行きたいです」とキッパリ。
 この日の反省を生かし、投打がかみ合えば、目標以上の結果が見えてくるはずだ。
◆準Vメンバー◆
(10)黒崎楓(11)阿部由幸(12)梅村渉太(13)榎本祐聖(14)大野渓太(15)大森勘太郎(16)岡本尊(18)清水凜隆(19)関根琥珀(20)瀬沼拓人(21)高橋優介(22)舘野大悟(23)田中大介(24)玉上莉空(25)田村涼太(26)戸松武虎(27)浜田颯来(31)桶川悠希(32)福岡憲伸(33)室野井亮太(34)八木橋永真


(東京中日スポーツ)

関連キーワード

PR情報