<新型コロナ>児童・生徒預かり休止 藤岡市立16小中 市内の小学生感染で

2020年4月14日 02時00分
 藤岡市に住む小学生一人の新型コロナウイルス感染が十二日に確認されたことを受け、市は十三日、休校中の市立小中学校全十六校で行っていた平日の児童・生徒の預かりを休止した。期間は当面の間で、県の調査で安全が確認された後に再開する。
 市は七日に小中学校を一時再開し、九日から五月六日まで一斉に臨時休校している。感染が確認された児童は七日以降、登校していない。
 市は休校に伴い、平日日中に児童・生徒への対応が困難な家庭を対象に、平日午前七時半~午後四時の希望時間帯に学校内で預かっていた。希望者には有料で給食も提供していた。
 市によると、平日預かりを行った九、十の両日で小学校では延べ三百四十人、中学校では延べ十人が利用。給食も両日で小学校延べ三百七人、中学校延べ十人が食べた。(石井宏昌)

◆富岡市立小中臨時休校 来月6日まで延長

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、富岡市は十三日、市立小中学校の臨時休校を五月六日まで延長することを決めた。今月二十日に再開を予定していたが、市内でのクラスター(感染者集団)発生や感染者の増加を踏まえて判断した。
 市によると、二十日に予定していた始業式と入学式は学校再開日に簡略化して開く。五月七、八日は午前中のみの授業とし、部活動や補習なども実施しない。十一日から通常の給食提供と部活動の再開を目指す。(石井宏昌)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧