東京のコロナ重症者、実態より少ない? 都、独自の基準で厚労省に報告

2020年8月19日 06時00分
東京都庁

東京都庁

  • 東京都庁
 東京都が厚生労働省の定義とは異なる基準で、新型コロナウイルスの重症者数を厚労省に報告していることが分かった。報告人数が実態より少なくなる可能性があり、厚労省は都に基準の変更を求めている。
 厚労省は4月26日、通知を出し、都道府県に定義を伝えた。集中治療室(ICU)で治療、人工呼吸器か人工心肺装置「ECMO(エクモ)」を使用―のいずれかに該当すれば、新型コロナの重症者となる。
 しかし、都はICUで治療中でも、人工呼吸器やエクモを装着していなければ、重症者に含めていない。
 厚労省の担当者は「東京の重症者が少ないという指摘が出ており、統一的な基準にしてほしい」と話す。一方、都福祉保健局の担当者は取材に「重症でなくても、ICUにコロナの患者を入れることがある。重症者数を少なくする意図はない」と説明した。今後も基準を変更しない方針という。(木谷孝洋)

関連キーワード

PR情報