<新型コロナ>7都府県への往来自粛を 山本知事 軽症者施設も募集

2020年4月9日 02時00分
 新型コロナウイルス感染症のまん延を受けた緊急事態宣言を受け、山本一太知事は七日夜の臨時記者会見で、県民に対し、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の七都府県への不要不急な往来の自粛を求めた。
 七都府県が宣言の対象となったことに伴う対応で、山本知事は「群馬県は最後まで対象地域にならないよう回避していく」と説明。県民に向け、平日や週末にかかわらず七都府県への往来を自粛し、県内の移動でも生活必需品の買い物や通院など以外は控えるように要請した。
 七都府県の在住者については、群馬県への往来や、一時的な来県も慎むよう求めた。自粛の期間は、八日の定例記者会見で「感染が終息しつつある時まで。専門家の知見を踏まえて考えたい」と述べた。
 県は無症状や軽症の感染者を受け入れる宿泊施設を県内に確保しようと、事業者に協力も求め、十三日まで受け付ける。
 施設は県の借り上げで一棟単位。感染者の健康管理を担当する医療スタッフは県が確保し、施設従業員は厚生労働省の運営マニュアルに基づいて対応に当たる。借り上げ費用は調整中という。 (池田知之)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧