<新型コロナ>富岡市立小中、臨時休校期間を延長 19日まで 市内でクラスター疑い

2020年4月6日 02時00分
 富岡市は五日、市立小中学校の臨時休校を十九日まで延長すると発表した。これまで七日に再開を予定していたが、市内にある日本光電富岡の事業所で、新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)が発生している疑いがあるとして、二十日再開に変更した。
 始業式と入学式も二十日に行う。二十一日~五月一日は午前のみの授業とする。給食は二十一日(小学一年生は二十三日)から提供する。
 放課後児童クラブ(学童保育)の利用者などで、午前中の家庭での対応が困難な場合は、七日から午前八時半~正午に、学校内を居場所として提供する。
 同市内の日本光電富岡富岡生産センタでは四日までに、勤務する男女六人の感染が確認されている。(石井宏昌)

関連キーワード


おすすめ情報