<新型コロナ>中国・江陰市からマスク5万枚「藤岡 頑張れ」

2020年4月2日 02時00分
 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、藤岡市は友好都市の中国・江陰市から医療用マスク5万枚の寄付を受けた。
 藤岡市は2月上旬、江陰市へ手袋や感染予防用ゴーグルなど医療用支援物資計1万点を送っており、そのお礼として3月18日に寄贈の申し入れがあった。
 藤岡市に同28日に届いた物資の段ボール箱全てに、日本語で「藤岡頑張れ!」、中国語で「友好関係を続け、どんなときでも助け合おう」と書いた紙が貼られていた。
 新井雅博市長=写真(中)=は「江陰市との友情を深く感じ、心から感謝している。マスクを有効に活用し、市民の命と健康を守るために全力で取り組む」とコメント。感染状況を見ながら、マスクの活用法を検討する。 (石井宏昌)

関連キーワード


おすすめ情報