<新型コロナ>富岡市、玉村町 3人感染 県内は計18人 妙義総合体育館は閉鎖

2020年3月30日 02時00分
 県は二十八日夜、富岡市の五十代の女性会社員二人と、玉村町の五十代で福祉事業に携わる男性の計三人が、新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内で感染が確認されたのは計十八人になった。
 県や富岡市によると、十六人目の感染者となった女性会社員は一人暮らしで市外に勤務。十二日に発熱し、十三日以降は出勤していない。十七人目となった女性会社員は市内で勤務しており、二十四日に発熱した。この女性会社員は他県で感染が確認された患者と二十日に外出して食事したほか、二十五日には富岡市妙義町の妙義総合体育館でバレーボールの練習をした。
 玉村町の男性は二十四日に発熱。発症後はマスクを着用していた。社宅には同室者がいたという。
 富岡市によると、十七人目の女性会社員の濃厚接触者は、一緒にバレーボールの練習をしていた十人と女性の家族五人だが症状はない。市は体育館を閉めて消毒作業するほか、二十六~二十八日に同館を利用した八団体の計約百三十人に注意を呼びかける。 (池田知之、石井宏昌)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧