<新型コロナ>安政遠足 今年は中止 密集避けられず「病気広がるのも困る、仕方ない」

2020年3月31日 02時00分
 安政遠足保存会と安中市は30日、5月9、10日に予定していた「第46回安政遠足・侍マラソン大会」(同保存会・市主催、東京新聞など後援)と前夜祭の開催を中止とすると発表した。同大会の中止は東日本大震災の犠牲者らに配慮した第37回大会以来の2度目。
 市は開会式や沿道の応援、選手の着替え、完走後のバス移動など密集は避けられないため、選手や市民の健康を最優先した。茂木英子市長は「市を代表するイベントで市民も参加者も楽しみにしている大会なので残念」と話した。
 今大会には、峠コースに370人、関所坂本コース1503人の計1873人がエントリーしていた。仮装大賞常連だった祖母の影響で、高校1年から参加している市内の大学生浜野悠さん(19)は「走っていて声援が温かく楽しい大会なので楽しみにしていた。病気が広がるのも困るので仕方ない」と残念がった。(樋口聡)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧