こども巨匠 名画模写 伊東・池田20世紀美術館

2020年8月20日 10時52分
 伊東市の池田20世紀美術館で十九日、「第二十回こども絵画大会・世界の名画を描こう!」が始まった。二十一日まで。市内外の園児から中学生まで四十七人が参加、展示された二十世紀画壇の巨匠作品を模写体験している=写真。
 子どもたちは、展示作品の前に陣取って座り込んで画板を広げ、鉛筆やクレヨンを使って名画の模写に取り組んでいる。ダリの「キリン」シリーズを模写の対象に選んだ伊東南中三年の白橋結依さん(14)は「キリンのたてがみが炎になっているのが印象的できれい。首の部分がタンスの引き出しのようになっていて、模写するのは難しそう」と話した。
 この絵画大会は、子どもたちに美術への関心を高めてもらおうと開催。模写した作品は二十三日から九月上旬まで、同美術館内の画廊で「二十世紀こども名画展」と題して展示される。(杉本三佐夫)

関連キーワード


おすすめ情報