<新型コロナ>館林の病院勤務、女性看護師感染 院内3人目

2020年3月29日 02時00分
 県は二十八日、栃木県在住で館林市の病院に勤務する二十代の女性看護師が、新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。群馬県内で感染が確認されたのは十五人目。
 県によると、女性は公立館林厚生病院(館林市)に勤務。十四日に同ウイルス感染症患者の看護を担当。二十二日に発熱したが、二十三日に体温が下がり、以後症状がなかったため二十六日まで勤務した。現在も無症状。勤務中はマスクを着用していたという。
 同病院の医師と看護師の感染が二十四日に確認されたことから検査を受け、陽性が判明した。同病院での感染者は三人目で、県は院内感染とみている。 (石井宏昌)

関連キーワード


おすすめ情報