茨城で新たに3人感染

2020年8月20日 20時01分
 茨城県と水戸市は20日、新たに3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は計479人となった。
 県発表分の2人は、ともに50代の会社員男性で、つくば市とひたちなか市の在住。発熱などはあるが、症状は軽い。つくば市の男性は、今月上旬から中旬にかけて私用で東京都内に滞在。ひたちなか市の男性も今月中旬、私用で県外に出掛けていた。
 水戸市の発表分は、市内在住の70代の無職男性。15日以降、発熱や関節痛などがあった。17日に市内の医療機関を受診し、18日のPCR検査で陽性と判明した。症状は軽い。
 また、つくば市のキャバクラ「Club Rouge(クラブルージュ)」でクラスターが発生した可能性があるとして、県が利用客に検査を実施すると呼び掛けたのに対し、20日現在、利用客39人から相談があり、うち27人の検査を実施する見通し。
 鉾田市職員2人が感染したことを巡り、市は20日、濃厚接触者の40人全員の陰性が確認されたと明らかにした。
 県と水戸市は、新たに5人が退院、1人が軽症者療養施設を退所、3人が自宅療養を終えたと発表した。退院などは計382人になった。(出来田敬司、松村真一郎、水谷エリナ)

関連キーワード

PR情報

茨城の最新ニュース

記事一覧