まちのランチ 赤坂/CROSS TOKYO(食薬論治<しょくやくろんち>)

2020年8月21日 07時21分

◆身体が喜ぶ「和漢洋才」

 何かと気が休まらない日々。身体が喜ぶ料理を食べたくなる。赤坂にある「CROSS TOKYO」は自社農園や契約農家から届く旬の野菜を使った料理が評判の店。緊急事態宣言に伴う約4カ月の休業を経て先月リニューアルした。新コンセプトは「和漢洋才」。東洋のスパイスやハーブを洋食の調理法で「医食同源」の思想を加えて仕立てる料理を意味する。
 写真はランチコース「食薬論治」2800円。まず提供されるのは“最強のスープ”と呼ぶ「ブイヨン・ド・レギューム」。12種類以上の野菜をじっくり濃縮し、35種類以上のハーブ&スパイス、丸鶏&豚足のコラーゲンエキスを加えたもの。五臓六腑(ごぞうろっぷ)に染み渡る。
 前菜は「薬膳アヒージョ」とサラダ、肉・魚料理の4種盛り。「本日の野菜の逸品」として焼きロメインレタスにカリビアンソース。メインは6種類から選択できる中でも人気の「デトックス薬膳カレー」。ブイヨン・ド・レギュームをベースにしたカレーに、野菜がたっぷり。デザートも複数あるが、一番人気は、月替わりの特選食材を使ったもの(150円増)。写真は今月の「生鬱金(うこん)の冷製フォンダンショコラ」。ドリンクはプーアール茶をベースとした「東洋茶」を選択。漢方食材が胃も心も癒やしてくれる。 (さりあ)
◇港区赤坂5の4の7ヘキサゴンビル10階。ランチは11時半〜14時(ラストオーダー)。不定休。(電)03・5545・5408

関連キーワード

PR情報

動画の最新ニュース

記事一覧