<新型コロナ>前橋のホストクラブ従業員ら PCR検査、無料で実施 知事ら発表

2020年8月21日 07時42分
 新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が前橋市のホストクラブ二店舗で発生したことを受け、山本一太知事と山本龍市長は二十日、県庁で臨時記者会見し、感染拡大を防ぐために市内のホストクラブとキャバクラの従業員計約五百人を対象に無料でPCR検査を実施する方針を発表した。検査費用は七百万〜八百万円ほどで、県と市で負担する。
 十九日現在、ともに同市千代田町のホストクラブの「クラブ アプレシオ」で従業員八人と客二人、「クラブ レイ」で従業員十四人、客十三人の計三十七人の感染が確認された。
 キャバクラも対象になるのは、女性従業員がホストクラブに来店する可能性があり、密接な接待もあるためという。
 山本市長は「感染の芽を摘むのは社会的責任だ」として、県と市が市内の約四十店舗を訪れ、感染防止対策の徹底も求める。風営法に基づき、県警も立ち入って呼び掛ける。(池田知之)

関連キーワード


おすすめ情報