埼玉で新たに50人感染 警察官やパーティ参加の外国人ら

2020年8月21日 18時01分
埼玉県庁

埼玉県庁

  • 埼玉県庁
 埼玉県内では21日、新型コロナウイルスの新たな感染者50人が発表された。
 県は33人の感染を発表した。うち春日部、草加両市の30~40代の外国籍の男女3人は、すでに県内で32人の感染が確認されている外国人コミュニティーのパーティーに参加していた。
 白岡市の20代男性は久喜署刑事課の巡査で、感染が確認されている県警捜査1課の30代女性巡査部長と、16日に同署の同じ部屋で勤務していた。
 さいたま市は50~80代の男女5人の感染を発表した。うち市内に住む80代の女性は、既に感染が判明した50代男性の母親で、この男性はクラスター(感染者集団)が発生した「小規模多機能型居宅介護 扇の森」の職員。
 川口市は10歳未満の女子小学生とその祖母、80代の夫婦ら男女9人、越谷市は20代と50代の男女3人の感染をそれぞれ発表した。埼玉県内では21日、新型コロナウイルスの新たな感染者50人が発表された。

関連キーワード

PR情報

埼玉の最新ニュース

記事一覧