<新型コロナ>断念…でも完歩賞のチャンス 伊豆急全線ウォーク 対象者500人限定贈呈

2020年8月22日 07時37分

完歩賞として贈られるコレクションボックス(伊豆急行提供)

 新型コロナウイルスの影響で、期間を短縮して終わった伊豆急行線の沿線を歩く「第十六回伊豆急全線ウォーク」について、伊豆急行(伊東市)は九月、伊豆急下田駅で、全線完歩を断念せざるを得なかった参加者のため完歩賞の景品を渡す機会を設ける。
 「ウォーク」は、伊東−伊豆急下田駅間の全十五区間を一区間歩くごとに、オリジナルの電車型ピンバッジがもらえる催し。第十六回は昨秋から今年六月の実施予定で、期間中に全区間を制覇すると、完歩賞としてバッジを飾るコレクションボックスとフェースタオルが手に入るとしていた。
 しかし新型コロナの影響から予定より一カ月以上早い四月に終了。再開を求める声もあったが、コロナ禍で困難と判断し、代わりに完歩していなくても条件を満たせば、景品をもらえるようにした。
 対象は、全駅の硬券入場券をまとめた記念入場券セットか、イベント参加時に受け取った散策シートを持っている人。セット所有者には硬券に押印、シート所有者には未達成区間の入場券を購入してもらい、バッジと完歩賞の景品を贈呈する。五百人限定。開催日は、九月十九〜二十二、二十六、二十七日午前十時〜午後四時半。
 伊豆急によると、第十七回は参加方法を見直すなどした上で開催する方向という。(山中正義)

関連キーワード


おすすめ情報

静岡の新着

記事一覧