山形の空に笑顔の飛行機雲 コロナ禍「元気を出して」

2020年8月22日 13時50分

エアレースパイロット室屋義秀さんが小型プロペラ機で空に描いた笑顔のマーク=21日午後、山形市で


 新型コロナウイルス感染症の収束が見えない中、人々を元気づけようと、福島市在住のエアレースパイロット室屋義秀さん(47)が21日、小型プロペラ機の白いスモークで、山形県内8カ所の上空に笑顔のマークを描いた。
 山形市中心部の郷土館「文翔館」では午後零時半ごろ、会員制交流サイト(SNS)などで情報を得た約30人が夏空を見上げ、マークを写真に収めた。
 室屋さんはフライト後、インターネット中継を通じて「数分間でも、気分をリフレッシュさせる手伝いができたとしたら光栄だ」と語った。室屋さんは2017年に「空のF1」と呼ばれるレッドブル・エアレースで、アジア人初の年間総合優勝を果たした。

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧