埼玉県で新たに66人が感染、1人死亡 川越で学校閉鎖も

2020年8月22日 20時24分
埼玉県庁

埼玉県庁

  • 埼玉県庁
 埼玉県内では22日、新型コロナウイルスの新たな感染者66人と、死者1人が発表された。
 県は県内の90代女性の死亡を公表した。女性は発熱など熱中症の疑いで入院する際、検査を受けたところ、陽性と判定された。基礎疾患があった。
 新たに54人の感染も発表。うち外国籍の20~50代の男女9人は、既に35人の感染が判明している外国人コミュニティー関連で、パーティーや家族内での感染と見られる。
 さいたま市は、20~70代の男女4人の感染を発表。うち同市の50代男性は、市内の高齢者福祉施設の職員。また、同市の70代女性は、今月半ばに都内から泊まりに来た娘が陽性だったという。
 川越市は21日に県が発表した中に、市内の男子小学生がいたと公表。同じ学年の児童全員とクラスの担任教諭の計約180人を検査する。24日まで学校全体を、27日まで学年を閉鎖する。
 川口市はいずれも川口市在住の30~70代の男女4人、越谷市は40代の都内公務員男性ら男女3人、川越市は70代の無職男性の感染を、それぞれ発表した。

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧