文京の名所、文豪と巡る アニメ「啄木鳥探偵處」スタンプラリー 来月1日スタート

2020年8月23日 07時06分

文京区内を巡る「啄木鳥探偵處」スタンプラリー((c)2020伊井圭・東京創元社/「啄木鳥探偵處」製作委員会)

 文京区は9月1日から、同区ゆかりの歌人・石川啄木と言語学者の金田一京助が主人公の文学ミステリーアニメ「啄木鳥探偵處(きつつきたんていどころ)」とコラボレーションしたスタンプラリーを始める。新型コロナウイルスで都内への観光客が減少する中、根津神社や小石川後楽園など観光名所を巡ってもらい、にぎわいの創出を目指す。 (砂上麻子)
 「白山・本駒込」「小石川」など区内六エリアにそれぞれ六カ所ずつ、計三十六カ所にスタンプポイントを設置。各エリアで二カ所以上、計十二個以上のスタンプを集めると、その数に応じて、区内の飲食店で使える飲食店補助券や、啄木の出身地、盛岡市のホテル宿泊券と旅行券などがもらえる。

石川啄木終焉の地。現地には歌碑、顕彰室がある=文京区小石川で

 ポイントのうち、アニメの登場人物とゆかりのある「啄木鳥ポイント」十カ所も設置。石川啄木終焉(しゅうえん)の地、文京ふるさと歴史館などを全て回ると、アニメのキャラクター原案の佐木郁さん描き下ろしのノベルティーグッズのメモ帳(先着千人)がもらえる。
 スタンプラリーに参加するには、スマートフォンに二次元バーコードを読み込み、スタンプポイントで衛星利用測位システム(GPS)機能を使いスタンプを取得する。十月三十一日まで。
 啄木鳥探偵處は、第三回創元推理短編賞を受賞した伊井圭さんの同名小説をアニメ化。明治時代の日本を舞台に啄木が探偵、啄木と交流があった金田一京助が助手役として、さまざまな事件を解決する。

関連キーワード

PR情報

東京の最新ニュース

記事一覧