千葉県で新たに36人が感染 いすみ市で初めて確認

2020年8月23日 19時14分
千葉県庁

千葉県庁

 千葉県内で23日、新たに36人の新型コロナウイルス感染が確認された。県などによると、男性2人が中等症で、その他は軽症か無症状。
 いすみ市で初となる30代男性と、勝浦市の30代男性と60代男性は、22日に発表された大多喜町の50代男性の濃厚接触者。4人は県内の同じ職場で勤務している。
 年代別では30代が最多の9人。次いで40代が8人、20代と50代が各6人、60代が3人、70代が2人など。
 県警は23日、佐倉署が20日逮捕し、署の留置場に収容している30代の男の感染を発表した。取り調べを担当した警察官ら17人が自宅待機となった。
 船橋市教育委員会は23日、市立旭中学校の生徒1人の感染が確認され、校内の消毒などのため24日から同校を臨時休業にすると発表した。

関連キーワード


おすすめ情報

千葉の新着

記事一覧