神奈川で50人感染 半数が感染経路不明

2020年8月23日 19時19分
神奈川県庁

神奈川県庁

  • 神奈川県庁
 神奈川県内で23日、新たに50人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。このうち25人が感染経路不明。県と横浜、川崎、相模原、藤沢の4市の保健当局が発表した。
 県は9人の感染を発表した。クラスター(感染者集団)が発生した湘南厚木病院(厚木市)で入院患者の家族2人の感染が判明。平塚市の20代男性は港南署(横浜市港南区)の署員。県警によると、上大岡駅前交番勤務という。
 横浜市は29人の感染を発表。日本体育大学横浜・健志台キャンパス(青葉区)レスリング部で男子学生1人の感染が分かり、クラスターは計26人になった。市交通局の50代男性職員も感染した。
 相模原市は県内の高校に通う男子生徒ら4人、藤沢市は市外に住む20代女性の感染を発表した。
 川崎市は7人の感染を発表した。川崎区の30代会社員男性と麻生区の40代無職男性が中等症。
 また、京浜急行電鉄は23日、京急川崎駅(川崎市)と京急久里浜駅(横須賀市)に勤務する50代の男性社員2人の感染を発表した。客に濃厚接触者はいないという。2人は、後に感染が分かった社員3人と10日に会食していた。

PR情報

神奈川の最新ニュース

記事一覧