川崎で障害児死亡事故、遺族が真相究明求める 市が来月検証委、状況を調査

2020年8月25日 05時50分
 川崎市中原区の障害児支援施設「川崎市中央療育センター」で知的障害がある男児=当時(9)=が短期入所中に死亡した2016年12月の事故を巡り、男児の遺族が24日、市に真相究明を求める要請文を出した。市は9月に検証委員会を開き、男児が死亡に至った経過や再発防止策の検証を始める。

死亡した清水正和君=遺族提供

 遺族によると、死亡したのは、小学3年生だった清水正和君。施設に短期入所していた16年12月26日早朝、布団の中で意識を失っているのを添い寝していた女性職員が見つけ、搬送先の病院で死亡が確認された。死因は窒息死だった。神奈川県警は業務上過失致死の疑いで女性職員を書類送検。横浜地検川崎支部は今年6月、嫌疑不十分で不起訴処分とした。
 市への要請後、市役所で記者会見した清水君の母(48)は「事実を解明して遺骨の前で報告したい。事故がなければ今ごろ元気に遊んでいたはず。なぜこんな目に遭うのか」と涙交じりに訴えた。
 施設は、市が指定管理者制度で運営し、障害がある子どもが短期入所できる市内で唯一の施設。川崎市は医師や学識経験者らによる検証委員会を設置し、指定管理者や職員への聞き取りなどを通じて事故当時の状況を調べ、来年度以降に報告書をまとめる。(大平樹)

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧