米共和党がトランプ、ペンス両氏を正副大統領候補に正式指名 予告なしの演説で「史上最も重要な選挙」

2020年8月25日 10時45分
24日、米ノースカロライナ州シャーロットで開かれた共和党大会で演説するトランプ大統領=ロイター・共同

24日、米ノースカロライナ州シャーロットで開かれた共和党大会で演説するトランプ大統領=ロイター・共同

  • 24日、米ノースカロライナ州シャーロットで開かれた共和党大会で演説するトランプ大統領=ロイター・共同
 【ワシントン=金杉貴雄】11月の米大統領選に向け与党共和党は24日、南部ノースカロライナ州シャーロットで開幕した党大会で、正副大統領候補にトランプ大統領(74)とペンス副大統領(61)を正式指名した。トランプ氏は会場で「米史上最も重要な選挙で、勝たなければならない」と再選へ決意を示した。
 大統領選で共和党のトランプ、ペンス両氏と、野党民主党の正副大統領候補に決まったバイデン前副大統領(77)、ハリス上院議員(55)が戦う構図が確定した。
 トランプ氏は事前の予告なく会場に現れ、1時間近く演説。大幅な増加が見込まれる郵便投票の支援を民主党が要求していることに「公平ではなく集計できない」「民主党が勝つ唯一の方法は不正な選挙だけだ」などと繰り返し主張した。
 新型コロナウイルスの感染拡大前までの経済の好調さや中国に貿易戦争を仕掛けたことなど、政権の取り組みを強調。バイデン氏が勝利すれば「中国がわれわれの国を所有することになる」と批判した。
 バイデン氏に支持率でリードされ、巻き返しを図るトランプ氏は、最終日の27日にホワイトハウスから指名受諾演説するだけでなく、党大会の4日間とも登場するとみられている。
 民主党大会はオンライン開催だったが、共和党は規模を縮小しつつ会場に300人の代議員が集まり、違いを強調。会場では新型コロナ対策でマスク着用が求められていたが、多くの参加者が着けていなかった。

 ドナルド・トランプ氏 46年6月、米ニューヨーク生まれ。68年ペンシルベニア大ウォートン校卒。ホテルやカジノを全米展開する「不動産王」で、タレントとしても活躍した。15年に大統領選への出馬を表明、16年7月に共和党候補指名を獲得。軍歴、公職経験はなかったが、「米国を再び偉大にする」とアピールし、11月の本選で民主党候補のヒラリー・クリントン氏に勝利。17年1月に第45代大統領に就任した。(ワシントン・共同)

PR情報

米大統領選2020の新着

記事一覧