新型コロナウイルス 富岡市と安中市で催しを中止・延期 製糸場は通常営業

2020年2月28日 02時00分
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、富岡市は不特定多数の人が集まる市主催のイベントを三月十五日まで中止、または延期することを決めた。世界文化遺産の富岡製糸場は感染予防を徹底して通常通り営業する。
 政府の自粛要請などを踏まえて決定した。有料で既に前売り券を販売している催しは払い戻しに応じる。他団体が主催するイベントについては一律の自粛要請はしないが「市の方針に準じた対応をお願いする」としている。
 富岡製糸場では発熱している人の入場を断り、個人客向け解説ガイドツアーを十五日まで中止する。場内で手指消毒のほか、せきエチケットのポスターを掲示するなどして啓発する。
 安中市も二十七日、市主催イベントを三月末日まで原則中止か延期する方針を決めた。市立小中学校の卒業式など日程変更が困難な行事は参加者を限定し、感染防止策を徹底して開催するとした。 (石井宏昌)

◆「移住ショー」も中止

 また、栃木県は二十七日、群馬県と連携して東京都内で三月十五日に開催する予定だった移住希望者向けセミナー「群馬? 栃木? どっちに移住ショー」を中止する、と発表した。

関連キーワード


おすすめ情報