夢のかけら…24年ぶり遺族の元へ 上智大生殺害事件で父の無念新た 

2020年8月27日 05時55分

警視庁から返却された遺品の一部で、小林順子さんが参加していた英語ボランティア活動の修了証。放火された自宅の消火作業のためか、にじんで読めないメッセージもあった


◆国際ジャーナリスト志望 愛娘の面影まざまざ

 1996年9月9日、上智大4年の小林順子さん=当時(21)=が東京都葛飾区柴又3の自宅で殺害、放火された事件で、警視庁が事件の証拠品として保管していた小林さんの遺品の一部が先月、24年ぶりに遺族の元に戻ってきた。
 ジャーナリストを志し、米国留学に出発する2日前に突然、命を奪われた順子さん。国際問題への考察をまとめた直筆の原稿用紙の端は焼け焦げ、事件の爪痕を物語っていた。ただ、学生生活の楽しそうな写真や、留学前に同級生にもらった寄せ書きなど、遺品はどれも未来への夢でいっぱいだった。
 父賢二さん(74)はまな娘の遺品を見つめ、「順子の生きた証しが残っていた。大きな夢と希望を胸に学生生活を謳歌おうかしてくれていたんだな」と在りし日の姿に思いをはせた。(奥村圭吾)

◆直筆レポート、旅行写真…「よく残っていてくれた」

 「よく燃え切らずに残っていてくれた」。賢二さんは、警視庁から返却された遺品を手にこう語った。遺品はジャーナリストになる夢を追っていたまな娘の人生そのもの。24年前の娘の夢と再会した賢二さんは、娘を奪われた悔しさに震えながら「本当によく頑張っていたんだね」と声を振り絞った。

放火により焼けた跡が残る小林順子さんの論文


 「アメリカ研究・後期レポート『日米経済摩擦について』Junko Kobayashi」。取材当日、賢二さんが封筒から取り出した8枚の原稿用紙の1枚目に、こうタイトルが記してあった。
 これは順子さんが大学時代、米国が対米貿易黒字を出し続ける日本を批判した問題への考察を記したもの。「問題は、双方の文化に深く根ざしたもの」「お互いが努力をし歩み寄ることで、問題解決が促進されるのではないでしょうか」と自らの意見を論じていた。
 「国際舞台で活躍するジャーナリストを目指し、幅広い関心を持って知識を吸収していた」と賢二さんは振り返る。シャープペンシルで書かれた原稿用紙は、放火の爪痕でどれも左端が茶色に焼け焦げていた。

1993年にサマーティーチングプログラムで撮影された小林順子さんの写真

 順子さんは大学時代、小中学生に英語を教えるボランティアサークル「サマー・ティーチング・プログラム」に参加していた。その活動記録や仲間からの寄せ書き、旅行写真のほか、高校でニュージーランドに留学したときの感想文など、遺品には夢に向かって学生生活を満喫する順子さんの姿そのものが残っていた。

◆「悲しみを通り越して悔しさしかない」

 返却しても捜査に支障ないとして、賢二さん夫婦の元に遺品が返ってきたのは7月。「気が重くなるのが分かり、すぐには読めなかった」賢二さんだが、1カ月ほどたってから順番に目を通していった。すると、順子さんとの思い出がよみがえってきたという。

靴や化粧品、辞書など小林順子さんが留学先へ送った荷物

 伸び伸びと大学生活を楽しんでほしいと、門限は設けなかった。順子さんの帰りが遅くなった夜はいつも、賢二さんが自転車で近くの駅まで迎えに行った。
 順子さんを荷台に乗せた帰り道。会話をほとんど交わさなかったが、「私の夢を実現してくれていると伝わっていたから」。かつて家庭の事情で大学進学を断念した賢二さんは、娘の人生に自分を重ねていた。
 そんな幸せの日々を事件が突然奪った。順子さんが期待と不安に胸を膨らませて母親と荷造りし、留学先に送った段ボールも事件から10日後に送り返された。
 発生から24年。時効は撤廃されているが、事件は未解決のままだ。「一歩一歩着実に夢の階段を上り始めたところだった。何年たっても悲しみを通り越して悔しさしかない」。賢二さんは自宅跡地に供養のため建てた「順子地蔵」に手を合わせ、まな娘の思い出を胸に、解決の日を今か今かと待ち続ける。

小林順子さんをしのんで建立された「順子地蔵」に水を供える父親の賢二さん=東京都葛飾区で

柴又3丁目女子大生殺人放火事件 1996年9月9日午後3時50分~同4時40分ごろ、東京都葛飾区柴又3の自宅2階に1人でいた上智大4年小林順子さん=当時(21)=が首を刃物で刺されて殺害され、自宅を放火された。2日後、米国のシアトル大に留学する予定だった。警視庁は現場で採取した血液から犯人はA型の男とし、現場のマッチと布団から犯人のものとみられるDNA型を採取している。犯行時間帯に玄関前で身長160センチ前後の不審な男が雨の中、傘をささずに現場を見つめる様子が目撃されている。男は黄土色っぽいコートと黒っぽいズボンを身につけていた。情報提供は、亀有署捜査本部=電03(3607)9051=へ。

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧