<新型コロナ>観光支援、来月から 沼津市独自策 交通費や海のレジャー費

2020年8月27日 07時49分

感染防止対策を徹底していることを示すシール=沼津市役所で

 沼津市は二十六日、新型コロナウイルスで打撃を受けた観光業支援のため、九月四日以降、市内での海のレジャー料金や宿泊客への公共交通料金補助などの独自事業を始める、と発表した。(渡辺陽太郎)
 当初、今月中旬の開始を目指していたが感染状況悪化で断念。各事業者にさらなる感染防止対策をしてもらい、安全を確保して始める。頼重秀一市長は開始が遅れる理由を「県内外で感染が広がる中、安全が確保されたと判断できなかった」と話した。
 事業は、ダイビングなど海のレジャー料金を五千円を上限に半額補助。市内宿泊施設利用者にはバスとタクシー利用券五百円分を配布する。市が舞台の人気アニメのオリジナルペットボトルもプレゼントする。感染者が多い東京都など首都圏の観光客も対象。
 市は事業の対象となる事業者を市観光協会が感染防止対策を徹底していると認定する制度に登録した業者に絞り、安全を確保する。登録事業者は登録済みシールを掲示できる。二十五日現在で八十五社。市の担当者は「登録して終わりではなく、観光協会と連携しチェックをする」と話した。

関連キーワード

PR情報

静岡の新着

記事一覧