横浜のタンク転落事故で重機発見 消防隊が行方不明の作業員を捜索

2020年8月28日 13時08分
男性作業員が重機ごと転落したとみられるタンクで救出作業をする消防隊員ら=28日、横浜市金沢区で(本社ヘリ「おおづる」から)

男性作業員が重機ごと転落したとみられるタンクで救出作業をする消防隊員ら=28日、横浜市金沢区で(本社ヘリ「おおづる」から)

 横浜市の公園造成現場で25日に60代の男性作業員が重機ごと貯油タンクに転落したとみられる事故で、28日午前10時45分ごろ、タンク内で重機が見つかった。消防隊員が内部に下り、作業員の捜索に当たる。
 市消防局によると、タンク内にたまった雨水(約1万立方メートル)の排水作業を26日夜から開始。水位が下がり、水面から重機の一部が見えたという。
 事故は25日午後4時15分ごろ判明。重機を操作して土砂を仮置きしていた作業員が見当たらないことに、土砂を運搬していたダンプカーの運転手が気付き、工事関係者を通じて119番した。現場には直径約45メートル、深さ約30メートルの貯油タンクがあり、ふたの一部が崩落。誤って転落したとみられる。
 現場は旧日本海軍が燃料貯蔵基地として建設。戦後、米軍が航空機燃料を備蓄する「小柴貯油施設」として使用していたが、2005年に返還された。公園として整備し、32年度に全面オープンする予定。 
(共同)

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧