前橋市長選 きょう投開票 投票率の行方も注目

2020年2月9日 02時00分
 前橋市長選は九日投開票される。立候補しているのはいずれも無所属で、現職の山本龍さん(60)、元市議の店橋世津子さん(58)=共産推薦、元みどり市議の海老根篤さん(72)、元衆院議員の佐田玄一郎さん(67)、元県議の岩上憲司さん(47)、元市議の中島資浩さん(48)。六人の立候補は戦後最多。投票率の行方も注目される。
 市選挙管理委員会の記録によると、戦後、同市長選は前回(二〇一六年)まで計十九回あり、一九五五年のみ無投票だった。前回選挙では投票率が30・97%となり、戦後最低を記録した。
 今回の期日前投票は三~八日に市役所や市城南支所など計十七カ所で実施され、集計が終了している七日までの投票者数は計二万一千五百十八人だった。
 九日の投票は一部地域を除き午前七時~午後七時に市内の百カ所で行われ、同八時十五分から上細井町の市立前橋高校体育館で開票される。新人六人が立候補している同市議補選(被選挙数三)も同日投開票される。大勢判明は市長選が同九時半ごろ、市議補選が同十一時ごろの見通し。
 一日現在の選挙人名簿登録者数は二十七万九千八百六十四人。 (市川勘太郎)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧