江油市 加油(がんばれ)! 防護服など中国発送

2020年2月8日 02時00分

横山市長(左)に防護服を寄付する利根中央病院の大塚隆幸院長=沼田市役所で

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて沼田市は七日、中国四川省の江油(こうゆ)市に防護服などの医療用具を発送した。同市からの支援要請に応じた。
 両市は昨年六月に経済・文化・観光などで連携を深めることを目的に了解覚書(MOU)を締結。両市の幹部たちが相互訪問するなどしている。
 送ったのは市が備蓄しているウイルス対策防護服セット百七十九着、利根中央病院が寄付した医療用防護服二十着と医療用ゴム手袋五箱、内田病院が寄付した医療用ハット百枚。段ボール箱には「江油 加油(がんばれ)!」とメッセージを貼り付けた。発送式で横山公一市長は「これらの物資が一日も早い終息に役立つと信じて送りたい」と話した。 (渡辺隆治)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧