<食卓ものがたり>味にパンチ スタミナ料理 四日市とんてき(三重県四日市市)

2020年8月29日 07時06分

四日市とんてきを調理する丹羽則夫さん=三重県四日市市で

 黒っぽいソースをまとった、厚さ一センチほどの豚肉。一口ほおばると、迫力ある見た目とは違って意外に柔らかい。パンチのある味が口の中に広がり、思わず白いご飯に手が伸びた。
 三重県四日市市のご当地グルメ、四日市とんてき。グローブ状に切り込みを入れた厚切りの豚肉と、ニンニク入りの濃いめのソースが特徴だ。山盛りの千切りキャベツも欠かせない。
 市文化会館内のレストラン「グリル四日市」のオーナーシェフ丹羽則夫さん(62)によると、ソースを絡めて焼いた後、肉を取り出して煮詰めるのがこつ。「酸味が飛び、肉のうま味とよくまざる」と言う。
 とんてきは、戦後間もないころから市内の食堂で提供されていたとされる。安くてボリュームがあり、コンビナートで働く人や集団就職でやってきた若者たちのごちそうとして広まり、中華料理店、喫茶店、居酒屋など至るところで提供されるように。どの店でも千円前後で食べられる。家庭料理としても定着した。
 「市民に、四日市名物という意識はなかったと思います」と、四日市とんてき協会代表理事の小林慶太郎さん(51)は話す。独自の食文化をまちづくりに生かせないかと、有志と協会を設立したのは二〇〇八年。とんてきが食べられる市内外の飲食店マップ作りやイベント出店に奔走してきた。
 協会発足と同じ時期には市販のソースも登場。コーミ(名古屋市東区)が開発したウスターソースベースのたれは、協会の「公認」だ。五月に市内で開催予定だったご当地グルメの祭典「B−1グランプリ」でさらなる知名度アップを狙ったが、新型コロナウイルスの影響で延期になった。
 それでも「残暑を乗り切るためのスタミナ補給にぴったり」と小林さんは力を込める。「コロナが落ち着いたら、ぜひ本場に食べにきて」と笑顔を見せた。
 文・熊崎未奈/写真・板津亮兵

◆作る

グリル四日市のとんてき

 家庭でも楽しみたいという人に向け、レシピを丹羽さんに聞いた。材料(2人分)は、豚肩ロース2枚、ニンニク4かけ、キャベツ1/4個、市販のとんてきソース100cc、サラダ油少々。ニンニクは素揚げに。豚肉はグローブ状に切り込みを入れ、両面に焼き目がつくまで40〜60秒ほど焼く。「ふたをして強火で短時間」がポイント。ニンニクとソースを入れて絡めた後、豚肉とニンニクを取り出し、15秒ほど煮詰めたソースをかけたら完成だ。コーミのソースは、東海3県の大手スーパーや同社のホームページで買える。

関連キーワード

PR情報

ライフスタイルの新着

記事一覧