中野で38歳の女性が刺され死亡 元交際相手が自殺、過去に警察に相談も

2020年8月31日 05時50分
 30日午前10時ごろ、東京都中野区白鷺2のアパートで、1人暮らしをしている職業不詳野口麻美まみさん(38)が血を流して死亡しているのを、訪ねてきた弟が発見し110番した。遺体には刺し傷があり、警視庁野方署は殺人事件として捜査している。
 署によると、現場から2キロ離れた同区野方2のマンション敷地内で同日午前7時ごろ、野口さんの元交際相手の男性(34)が倒れて死亡しているのが見つかった。男性はマンションの住民で、飛び降り自殺したとみられる。署はこの男性が野口さんの死亡に関与した可能性があるとみて調べている。
 署によると、野口さんは昨年5月、この男性から顔を殴られたとして署に相談。署は男性に口頭で警告し、同8月、傷害容疑で書類送検していた。2人は2016年から交際していたという。野口さんは昨年11月、勤務先の店に、この男性が別の女性と一緒に現れたとして署に連絡。署は再度警告し、その後、男性からの接触はなかった。
 署は昨年5月以降、野口さんと毎月電話で連絡をとり、男性とのトラブルがないか確認。今年4月、野口さんから今後の連絡は不要と伝えられ、その後は連絡していなかったという。

関連キーワード

PR情報