栃木市内在住の「2020ベスト・オブ・ミス」2人、日本大会へ

2020年8月31日 07時15分

大川秀子市長(中央)を表敬訪問した秋葉千瑛さん(左)と船田成美さん=栃木市役所で

 宇都宮市で今年二月にあった「2020ベスト・オブ・ミス」栃木大会でグランプリに輝いた、ともに栃木市在住で公務員の秋葉千瑛(ちえ)さん(24)、保育士の船田成美さん(24)の二人が日本大会出場を前に地元市役所を訪れ、大川秀子市長に今後の抱負などを語った。
 ベスト・オブ・ミスは、世界的ミスコンテストの合同地方代表選考会で三人のグランプリが選ばれる。秋葉さんは十月のミス・ユニバース日本大会に、船田さんは九月のミス・グランド・ジャパンに出場予定。
 秋葉さんは「栃木市で育ったので恩返ししたい」、船田さんは「栃木市が子育て世代の人気一位に選ばれたことをPRしたい」と語った。大川市長は「持ち味を十分発揮して頑張って」と激励した。(梅村武史)

関連キーワード

PR情報

栃木の新着

記事一覧