「みどモス」1周年 26日に「誕生会」撮影会やグッズ販売

2020年1月21日 02時00分

27日に誕生1周年を迎えるみどモス

 マンモスをモチーフにしたみどり市のマスコットキャラクター「みどモス」が二十七日、生まれて一周年の「誕生日」を迎える。市は前日の二十六日午後一~四時、同市笠懸町阿左美の岩宿博物館そばのふれあい学習館を主会場に、誕生会の催しを開く。撮影会やみどモスグッズの販売などがあり、市は大勢の参加を呼びかけている。
 誕生会では、みどモスの缶バッジやキーホルダー、コースターを販売。みどモスの写真撮影、石器や勾玉(まがたま)づくりの体験もできる。
 みどモスは昨年一月二十七日に発表されたキャラ。市のマスコットキャラを六案から選ぶ投票では、市内の児童生徒約四千百人のうち、みどモスは最多の千五百八十八票を集めた。みどモスの設定は「やんちゃで優しい男の子」で、年齢は旧石器時代に当たる約三万五千年前の岩宿遺跡にちなんで「三万五千歳」だ。誕生日を重ねても「ずっと三万五千歳」(市秘書課)という。
 誕生日イベントは、午後零時半開場。二十六日は岩宿博物館の入館料が無料だ。問い合わせは市秘書課広報広聴係=電0277(76)0957=へ。 (池田知之)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧