前橋の「太陽の鐘」 大みそかにつこう ライトアップも

2019年12月30日 02時00分

年越し鐘つきが行われる太陽の鐘(前橋市提供)

 前橋市の広瀬川沿いに設置されている「太陽の鐘」で三十一日夜、年越し鐘つきが実施される。年越しの鐘つきは昨年に続いて二回目。
 太陽の鐘は、大阪万博の「太陽の塔」で知られる芸術家・岡本太郎(一九一一~九六年)が制作したオブジェ。二〇一八年三月、市内の企業家の有志らによって移設された。
 鐘つきは、三十一日午後十一時半から年明けの一月一日午前零時半まで行われる。鐘つきの回数は設定せず、一回に六~八人で鐘を突く。
 当日は参加者に甘酒の配布や太陽の鐘のライトアップを実施。年越しのカウントダウンではプロジェクションマッピングによる演出も予定している。
 事前申し込みは不要。当日会場に直接参加。十八歳未満の参加者は保護者の同伴が必要。
 当日の問い合わせは同市役所当直=電027(224)1111=へ。

関連キーワード


おすすめ情報