<ぐんま回顧2019> (4)中曽根元首相が死去

2019年12月27日 02時00分

中曽根元首相の遺影に手を合わせる弔問客=11月29日、高崎市で

 10月は家畜伝染病「豚コレラ」(CSF)に感染した野生イノシシが発見され、養豚農家に緊張が走った。関東を通過した台風19号では土砂災害で4人が亡くなった。11月には高崎芸術劇場の備品購入を巡り、高崎市の課長ら3人が官製談合防止法違反などの容疑で逮捕された。

◆10月 

 4日 県は藤岡市と上野村で捕獲された野生イノシシ2頭から豚コレラの感染が確認されたと発表した。
 12日 台風19号が関東に上陸し、富岡市と藤岡市で土砂崩れが発生し、計4人が亡くなった。県内では床上浸水や道路の崩落など大きな被害が出た。
 27日 第72回秋季関東地区高校野球大会で健大高崎が山梨学院を3-0で下し初優勝を果たした。県勢の優勝は、1979年の東農大二以来40年ぶり。県3位の優勝は初めて。
 27日 豚コレラの拡大を防ぐため、県は飼育豚への豚コレラワクチンの接種を開始した。

◆11月 

 3日 来年2月9日投開票の前橋市長選で自民党県連前橋支部は、現職の山本龍市長、元衆院議員の佐田玄一郎さん、県議の岩上憲司さんの3人から出されていた推薦について、自主投票とする方針を決めた。3人以外に市議の中島資浩さんも出馬を表明しており、激しい選挙戦が予想される。
 18日 県警は、高崎市が発注した高崎芸術劇場の照明備品の指名競争入札で入札予定価格を漏らしたなどとして、官製談合防止法違反などの疑いで高崎市課長と同劇場館長ら3人を逮捕した。市は19日会見し、富岡賢治市長は「市民の行政に対する信頼を損ない、深くおわびしたい」と謝罪した。

高崎芸術劇場の照明設備を巡り市職員らが逮捕され、会見で謝罪する富岡市長(右)=11月19日、高崎市役所で

 29日 高崎市出身の中曽根康弘元首相が老衰のため亡くなった。101歳だった。中曽根元首相が設立した同市の政治塾「青雲塾」には中曽根元首相の支持者や市民ら多くの人が弔問に訪れ、中曽根元首相をしのんだ。

◆12月 

 17日 2020年東京五輪の県内を走る聖火リレーの詳細コースと聖火ランナーが発表された。聖火ランナーには県出身のタレント中山秀征さんや井森美幸さん、俳優の町田啓太さんら県内ゆかりの著名人やスポーツ選手が選ばれた。 (肩書・年齢は当時)

関連キーワード


おすすめ情報