「わ鉄」全駅でイルミネーション

2019年12月25日 02時00分
 わたらせ渓谷鉄道(わ鉄)の桐生-間藤(まとう)の全17駅で、沿線の住民らが飾り付けたイルミネーションがともっている。手作りで温かな雰囲気を醸し出している。点灯は毎日午後5時から。実施は来年2月29日まで。
 イルミネーション設置は毎年恒例の行事で、沿線住民や企業などで構成する実行委員会が取り組んだ。
 みどり市の花輪駅=写真(下)=では、童謡「うさぎとかめ」などを作詞した地元出身の作詞家石原和三郎にちなみ、ウサギとカメなどで飾り付けた。同市の上神梅(かみかんばい)駅=同(上)=では、趣のある木造の駅舎にクリスマスツリーが立てられ、電車が停車するたび、観光客や地元住民らが闇に浮かび上がる光景を楽しんでいた。 (池田知之)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧