神奈川で108人が感染 横浜は過去最多、障害者施設でクラスター

2020年9月4日 19時25分
神奈川県庁

神奈川県庁

  • 神奈川県庁
 神奈川県内で4日、新たに108人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。県と横浜、川崎など5市の保健当局が発表した。1日の新規感染者が100人を超えるのは8月29日以来。
 横浜市は過去最多の86人の感染を発表した。このうち40人は社会福祉法人「白根学園」(旭区)が運営する障害者施設の利用者と職員。既に感染が判明した3人を含め、計43人のクラスター(感染者集団)となった。また、教師ら3人の感染が分かった市立小学校で新たに児童7人の感染が判明。13日までの臨時休校を決めた。
 県は10人の感染を発表。海老名市の無職男性は2日に発熱して救急搬送されて感染が判明した。座間市の50代男性は8月31日に感染が判明した10代女性の父親。他の同居家族は陰性だった。
 川崎市は8人の感染を発表した。このうち市立久地小学校(高津区)で活動する教育支援ボランティアの40代女性は8月26日まで活動。濃厚接触した児童と教員を特定したとして臨時休校は行わない。市内の病院に勤める川崎区の20代女性看護師の感染も分かった。
 相模原市は20代会社員女性と90代無職女性、横須賀市は60代のタクシー運転手の男性、茅ケ崎市は30代の自営業男性の感染を発表した。

PR情報

神奈川の最新ニュース

記事一覧