230年ぶり本堂再建 太田・西慶寺で落慶式

2019年11月28日 02時00分
 本堂を再建した太田市鳥山上町の西慶寺で落慶式が行われた=写真。
 同寺は新田義貞の鎌倉攻めの際に山伏に姿を変え新田一族に触れ回ったという「新田触不動尊」を安置する。一七八八年再建との記録が残る旧本堂は老朽化と耐震強度不足が不安視されたため、二〇〇八年に改修委員会を設立。約二百三十年ぶりに建て直された。
 檀家(だんか)の長老志村己一さん(90)は「ご奉公ができた」と感無量の様子。田口義昭住職は「たくさんの方々の力を頂き感謝します。これからも地域に根ざしていきたい」と話した。 (粕川康弘)

関連キーワード


おすすめ情報