神奈川県で新たに112人感染、2日連続で100人超す バーベキューでクラスター

2020年9月10日 20時02分

神奈川県庁

 神奈川県内で10日、新たに112人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。このうち43人が感染経路不明。県や、横浜、川崎など5市の保健当局が発表した。1日の新規感染者が2日連続で100人を超えるのは8月13~15日以来。
 横浜市は66人の感染を発表した。社会福祉法人「白根学園」で新たに利用者3人と職員5人の感染が判明し、クラスター(感染者集団)は計59人になった。医療局と消防局が連携し、24時間体制で利用者らの健康状態を確認し、緊急の場合は病院に搬送するという。
 川崎市は20人の感染を発表した。麻生区内の介護老人保健施設で入所者と介護士の感染が判明。同施設の感染者は計6人となり、クラスターと認定した。
 県は18人の感染を発表。秦野市の20代男子大学生2人と厚木市の20代女子学生は仲間計13人でバーベキューをしていた。他の参加者のうち4人の感染が既に分かっており、クラスターと認定した。大和市の10~70代の男女5人は別居親族で県内で計13人で会食していた。既に1人の感染が判明しており、クラスターと認定した。
 横須賀市は衣笠病院に入院する90代女性と同病院で働く20代の女性作業療法士の感染を発表した。
 藤沢市は4人の感染を発表した。このうち10歳未満の女子児童が通う市立小学校は10~11日を臨時休校とし、担任教諭と同級生計30人を検査する。相模原市は20代男性2人の感染を発表した。

PR情報

神奈川の最新ニュース

記事一覧