茨城県で新たに4人感染 二世帯住宅で別に暮らす親族ら

2020年9月10日 19時44分

茨城県庁

 茨城県と水戸市は10日、新たに4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は593人になった。
 県発表分は2人で、ともに取手市内に住む60代の無職女性と、30代の会社員男性。女性は発熱や味覚障害など軽い症状。男性も発熱や呼吸困難などの軽症で、2日まで都内に電車で通勤していた。2人は親族で、2世帯住宅に別々に居住し、接触があったとみられる。
 水戸市の発表分は2人。複数の感染者が確認されている市内の有料老人ホーム「ローズヴィラ水戸」に入居する90代の女性と、勤務する60代の女性介護福祉士で、この施設の感染者は家族を含めて計13人となった。
 県と水戸市は、5人が退院し、二人が軽症者向け宿泊療養施設を退所したと発表。退院などは計五百十六人になった。(出来田敬司、松村真一郎)

関連キーワード

PR情報

茨城の最新ニュース

記事一覧