沖縄の文化に「はいさい」! 川崎駅前でフェスタ 予約制で19日から

2020年9月12日 06時44分

沖縄の伝統的な踊り「エイサー」。今年の観覧は事前予約制で行われる=主催者提供

 JR川崎駅前の複合商業施設「ラ チッタデッラ」を中心に十九〜二十二日の四日間、沖縄の音楽や食、伝統芸能などを楽しめる「はいさいFESTA2020」が開かれる。新型コロナウイルスの感染防止のため、飲食エリアや野外ライブ、エイサーの観覧には、事前予約による入場チケット制を導入する。
 チネチッタ通り商店街振興組合とチッタ エンタテイメントの主催。二〇〇四年に始まった首都圏最大級の沖縄イベントで、昨年は五日間で約二十五万人が来場したという。
 沖縄旅行気分が味わえる飲食屋台・物産展には、ソーキそばやサーターアンダギーなど約四十店が出店。ほかに、沖縄出身のアーティスト二十六組が出演を予定している野外フリーライブや、伝統的な踊り「エイサー」のパフォーマンスなどもある。
 例年はゴールデンウイークに実施してきたが、今年は新型コロナの影響で開催時期を変更。感染防止策として、入場チケット制の導入などで「安心してご来場いただけるように、入退場を厳密に管理できるようにする」と説明している。
 事前予約などの詳細は、はいさいFESTAのホームページへ。問い合わせは、チッタ エンタテイメント広報宣伝室=電044(233)1934=へ。 (石川修巳)

関連キーワード

PR情報

神奈川の最新ニュース

記事一覧