1分間で30万円…計60万円被害の女性「恐怖でした」 ドコモ口座不正引き出し

2020年9月13日 06時00分

自分の銀行口座からドコモ口座へ不正に引き出された履歴をスマートフォンに表示する被害者の女性=埼玉県内で


 1人当たりの被害額としては、現時点で最高とみられる60万円をドコモ口座へ不正に引き出された埼玉県内の30代女性が12日、本紙の取材に応じた。女性は最初に30万円の被害を確認した直後、さらに30万円が引き出されたことに気がついた。「何が起きているのか分からなくて、恐怖でした」と心境を語った。
 「30万円も使ってないのに」。今月1日、女性は入金のため立ち寄った自宅近くの現金自動預払機(ATM)で、口座を持つイオン銀行の利用明細を見て目を疑った。身に覚えがないのに、残高が30万円減っていた。
 同銀行は紙の通帳を発行しておらず、ATMでは詳しい履歴が分からない。自宅のパソコンで確認するため慌てて帰宅。その間、わずか5分。すると、画面には4回にわたり計30万円が引き出された記録が表示された。後で銀行に確認したところ、自宅へ移動中だった午後3時2分から1分間のことだった。
 女性はドコモ口座と連携している、別の銀行口座の暗証番号を変更した。「何を気を付ければいいのかも分からない。一体どこの銀行を信用していいのか」と困惑した様子で話した。(井上真典)

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧