捜査に顔認証、全国の警察で 3月から運用開始

2020年9月13日 06時00分 (共同通信)
 全国の警察が今年3月から、犯行現場などの防犯カメラや、事件に関連する会員制交流サイト(SNS)などの顔画像を、過去に逮捕した容疑者の顔写真データベースと照合する「顔認証システム」の運用を始めたことが12日、警察庁への取材で分かった。
 顔の特徴が類似している人物の氏名や犯歴といった情報が即座に判明し、既に捜査に活用されている。一方、プライバシーの侵害につながるとの懸念があり、運用実態の公開などを求める声も出そうだ。

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧