神奈川で新たに53人が感染 横浜の障害者施設のクラスターは計62人に

2020年9月13日 18時08分
神奈川県庁

神奈川県庁

  • 神奈川県庁
 神奈川県内で13日、新型コロナウイルスに感染して入院していた座間市の80代男性の死亡と、53人の感染が明らかになった。このうち26人が感染経路不明。県と、横浜、川崎、相模原、横須賀の4市の保健当局が発表した。
 県によると、死亡した男性は8月15日に陽性が判明。当初は軽症だったが20日に病状が悪化し、9月12日に死亡した。また、新たに6人の感染を発表した。10代女性は厚木市内の県立高校に通う生徒。県教委は一緒に授業を受けた2クラスの生徒と教員計約80人の検査結果判明まで2クラスを学級閉鎖にした。
 横浜市は28人の感染を発表した。社会福祉法人「白根学園」の障害者施設で、新たに利用者2人の感染が分かり、クラスター(感染者集団)は計62人になった。利用者の家族5人の感染も判明した。
 相模原市は4人の感染を発表。このうち2人は、接触確認アプリ「COCOA(ココア)」から通知を受けて検査を受け、感染が分かった50代男性の家族。
 川崎市は14人、横須賀市は1人の感染を発表した。

PR情報

神奈川の最新ニュース

記事一覧