茨城県で新たに3人感染 東京医大医療センターの入院患者と看護師

2020年9月13日 19時10分
茨城県庁

茨城県庁

  • 茨城県庁
 茨城県は13日、新たに3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも東京医科大茨城医療センター(阿見町)の入院患者と看護師だった。県内の感染者は612人となった。
 感染が判明したのは、稲敷市の90代無職男性と、阿見町と龍ケ崎市の、ともに20代の女性看護師。いずれも軽症か症状はない。
 稲敷市の男性は、感染が拡大した病棟に7月中旬から入院。濃厚接触者としてPCR検査を実施したところ、陽性と判明した。看護師2人も同じ病棟の勤務だった。
 同センターではこれまでに患者24人、医療従事者71人を検査し、計12人の感染者を確認している。
 同センターは14日以降、初診の外来の受け入れを中止し、入院についても予約がある人とかかりつけの人のみ対応する。 (出来田敬司)

関連キーワード

PR情報

茨城の最新ニュース

記事一覧