自民新総裁に菅氏 16日に新内閣 7年8カ月ぶり首相交代へ

2020年9月14日 15時34分
自民党の新総裁に選ばれた菅義偉官房長官

自民党の新総裁に選ばれた菅義偉官房長官

 安倍晋三首相(自民党総裁)の後任を決める党総裁選は14日午後の両院議員総会で投開票され、新総裁に菅義偉官房長官を選出した。菅氏は16日召集の臨時国会で第99代首相に指名され、同日中に新内閣を発足させる。新型コロナウイルス対策と経済活動の両立を最優先課題に掲げているが、来年10月に任期満了を迎える衆院の解散時期も焦点になる。
 菅氏は総裁選で、安倍首相の路線継承を訴え、不妊治療の保険適用など独自政策も打ち出した。党内主要派閥の支持を取り付け、国会議員票の圧倒的多数を固め、石破茂元幹事長、岸田文雄政調会長との三つどもえの争いを制した。組閣に先立ち、幹事長ら党役員人事を行う。
 総裁選は安倍首相の辞任表明を受けて実施。党員・党友投票を省き、国会議員394人に各1票、都道府県連代表に各3票を割り振る簡略型で行われた。菅氏の任期は安倍氏の残り期間の来年9月まで。
 7年8カ月に及び「一強」と呼ばれた第2次安倍政権は幕を閉じる。安倍首相の在職日数は第1次と合わせた通算、第2次以降の連続とも史上最長。

PR情報